北海道・小樽の旅行をお考えのあなたへ|
オススメ!小樽の旅

北海道・小樽の旅行をお考えの方へ。オススメ!小樽の旅

北海道にある小樽市は、石狩湾に面した都市で、観光地としても全国的に有名です。
北海道の中では人口は第7位でおよそ13万人、面積は、243.3k㎡です。
小樽市の人口は、20世紀半ば頃までは函館の次に多い第2位でしたがその後、少なくなっていきました。
その原因は炭鉱の閉山などと言われています。

隣接する市は、札幌市・余市町・石狩市・赤井川村があります。
市の花はつつじ、市の木はシラカンバ、市の鳥はアオバトです。
小樽市の地形は、北が海、南が山に囲まれており、坂が多いまちです。
山は、朝里岳・和宇尻山・於古発山・天狗岳などがあります。
積雪は、11月~3月頃で多い時には2~3メートルにもなるところです。しかし、夏は非常に温暖で過ごしやすい地域です。

小樽市という名前は、アイヌ語から来ています。
アイヌ語で、砂浜の中の川を意味するそうです。
小樽市の交通機関は、鉄道、路線バス、フェリー、高速道路、国道、道道、自転車タクシー、人力車などがありとても発達しています。
鉄道では、JR北海道の小樽駅があり、路線バスは3社のバスが走っています。
フェリーは、新日本海フェリーは新潟と舞鶴、敦賀をつないでいます。
観光地では、人力車や自転車タクシーが人気です。

小樽市の名物は、あんかけ焼きそば、ぱんじゅう、かま栄のかまぼこ、花園だんご、小樽運河まんじゅう、鶏の半身揚げ、澤の露などがあります。工芸品では、オルゴール、ボトルシップ、ガラス細工、切子などがあります。